とんかつカンティーヌの、これから~ ⑰「コストパフォーマンス感覚」の地殻変動

(つづき)



ファストフードやラーメン屋など含めて、「家の外で食べる場」を提供する飲食店という、ある意味では市民の日常に関わっている生活インフラの状況は、秋以降、以下のパターンに分かれてくるのではないかと予想しています。あるいは一つの店においても、これらの考え方の、ミックスという形を取るのではないかと思います。



①多くの店は、ある点を境に、必要な幅の値上げに踏み切り始め、現状のサービスレベルを維持する。


②やっぱり客離れが怖い、という思いが強い店は、値上げに踏み切れない。あるいは踏み切ったとしても、小幅にとどまる。


③②の中のいくつかは、利益確保のため、量を減らしたり、食材の質を落としたり、人員配置を減らすなどせざるを得なくなり、結果的にサービス低下につながる。


④利益の維持に充分な、大幅な値上げをあえて決行し、しかもその分だけ同時にサービスレベル、顧客満足度も向上させ、値上がりしてもなお現状以上の納得を得られるサービスを提供し続ける。



お客からの信頼厚く、①のパターンの作戦を取ることができる店であっても、低価格帯の店であればあるほど、「本当に充分な幅の」値上げができるのかどうかは、不透明です。


というのは、前々回の投稿(⑮)で書いたように、この日本の、あまりに長すぎたデフレ生活で固定化されてしまった価格感覚は、そう簡単には変わらないように思われる、つまり「これ以上にしてしまったら、高すぎるでしょ」という天井が、どこかにあるように思われるからです。


税込980円で食べられていた鯖の塩焼定食が1180円になっていたら、さすがにちょっと「うっ」と思う方も多いのではないかと思います。消費者のその感覚を店の店主が危惧するのであれば、「ここはやはり、1080円で、なんとかがんばるしかないか…」となるのです。結果、経営はやはり、苦しいままです。


個人的には、毅然として①の作戦を基本的には取ろう、という気概を持ちつつも、結果として、事実上は②→③に陥ってしまう、というパターンが、多くなりそうな気がしています。

ちなみにいうと、高級レストランの中には、すでに④の作戦に踏み切っている店も、見受けられました。こういう場合、高価格帯なビジネスほど、影響を受けづらいものです。


蛇足な余談ですが、コロナ禍でも富裕層は消費が全く衰えておらず(各国政府のコロナ対策によって、むしろ富裕層の金融資産は大幅に増えたようです)、コロナ前期において消費活動が抑圧されていたぶん、コロナ中期から富裕層、高所得者層向けビジネスは急回復、空前の好景気を迎えています。現時点では、どうやって富裕層向けビジネスで一気に稼ぎを上げるか、ということが、多くの企業の関心事、注力テーマとなっているようです。


さて①〜③のどのパターンであったとしても、消費者にとっては、少なくとも相対的には、サービスレベル、つまりコストパフォーマンスが悪化することになってきます。むろん、「今までの金銭感覚に照らし合わせた考え方における」、コスト(価格)対パフォーマンス、という意味ですが。


過去を振り返って、本当に適正な価格(コスト)は本来、どうあるべきだったのか?という議論は、今からでも、するべきかもしれません。今までが、異常なデフレ社会だったのだと、省みるために。


しかしいずれにしても、今、ここで値上がりした結果の価格が、「これが適正なんだ。これで正しいコストパフォーマンスなんだ。」と感覚的に受け入れられるためには、まだ時間が必要だと思います。


そしてまた繰り返しますが、これは「外食」の場面だけの話では、おそらくありません。


生活に関わるあらゆるモノ、サービス、あらゆる場面で、一般消費者にとっては、こういった「自分の中のコストパフォーマンス感覚が、ざわつく」ような感覚にさらされる日々が、しばらくの間、続く可能性があると思います。


(つづく)

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

(つづき) 「とんかつカンティーヌ+」がどんな店になる予定なのか、 そこにたどりつくまで今まで考えてきたこと、 そのように考えるに至らしめた背景、 それらをこれほどの時間をかけてまで、なぜ公に説明する必要があると考えたのか、 恐るべき長さの連載となりました(笑)。 ここまでの文章をお読みくださった方には、本当に、心からの感謝を申し上げます。 すべて通してではなく、断片的な読み方であったとしても、

(つづき) 政治は、これからの日本の形を、どう描くのか。そのために、企業は、どう資するのか。その結果市民は、どのように行動するのか。 そして飲食業は、どのように変わるのか。 それが私の、今なすべきことです。 私は、⑰番の投稿の中で、これから飲食店がいくつかのパターンに分かれていくのではないか、と予想しました。 その中で私自身は、④の戦略を採ります。 リモートワークであるか否かを問わず、単身暮らし、

(つづき) 事態がこれほどとんでもない方向性に向かっていきつつあることがおそらく確かになってきたからこそ、 ではその新しい世界において、求められる店の形とは、求められる事業の形とは、求められる付加価値とは、何か?ということを、考え詰めることができました。 これがもしも、 なんとなくコロナ禍が明けて、なんとなく生活も意識も元に戻ったのか戻ってないのか、なんとなくこれから戻っていくのかそれともなんとな