top of page

とんかつカンティーヌの、これから~ ⑳とんかつカンティーヌ+は、「2種類のご利用動機」のための店

(つづき)



政治は、これからの日本の形を、どう描くのか。そのために、企業は、どう資するのか。その結果市民は、どのように行動するのか。


そして飲食業は、どのように変わるのか。

それが私の、今なすべきことです。


私は、⑰番の投稿の中で、これから飲食店がいくつかのパターンに分かれていくのではないか、と予想しました。


その中で私自身は、④の戦略を採ります。


リモートワークであるか否かを問わず、単身暮らし、ファミリーである(子供がいる)かどうかを問わず、


今や、多くの人が考えるようになったことは、究極的に収斂させていくと、次のことにつながっていくのではないかと、考えています。


「もっと、自分の人生を、自分の価値観にしたがって、自分自身で、ハッピーにしていこう。」


それは別に、これからどんどん独りよがりに個人主義化していく、という意味では全くなくて、


それが他者を助けることであったり、社会貢献することであったり、


家族を大事にすることであったり、趣味でつながる交友をひろげていくことであったり、


いろいろな形があると思いますが、いずれにしても、


わけのわからない、「〜ってのは、そういうもんだ」という根拠なき束縛と権威主義に、自分の人生を無駄に削り取られたくない、という生き方が、もっと尊重され、重要視されるようになっていくのではないか、という予感がしているのです。


そんな社会の中で、どんな「食の楽しみ」を提供することができるか。どんな「食事の場」を作ることができるか。そしてトータルな意味で、どんな付加価値を生み出すことができるか。

これが、私の新しい店、「とんかつカンティーヌ+(プラス)ゆめみるこぶた」のテーマとなっていきます。


具体的にどんな料理を提供するつもりかは、また改めて、お知らせすると思います。


そのコンセプトは、⑬番の投稿で触れたように、一見、二兎を追う者のように思われるかもしれません。しかし今の時点では、私の中には、それが矛盾なく両立できそうなイメージが、ようやく出来上がってきているのです。


以前のとんかつカンティーヌと同じように、


お一人のお客様が、「今日ちょっとふんぱつして、ちゃんとしたもの食べたいな」というその日の気分で、ふらっと立ち寄れること。


あるいはご夫婦などのお二人のお客様が、「今日は、外で食べようよ。ちゃんとしたもの、少しゆったりした気分で!あなた、先いって、席とっといて!」と、空席をリアルタイムで確認して、待ち合わせることができること。


そしてとんかつカンティーヌ+として新たに、


記念日、お祝いごと、ちょっととびきりの外食、そんな機会に、日を決めて、期待を膨らませて、ご家族で訪れることができるハレのお食事、


そしてそれが、下丸子の近隣にお住まいの方でなくとも、そういうときに利用できるような、


そういう制度があること。


とんかつカンティーヌ+では、改めて、ご予約制度を整備します。

その上で、「予約なしのご来店」か、「予約の上でのご来店」かによって、二種類のご利用の仕方ができるようにするつもりです。


ご予約なしのご来店の場合。

これは主に、近隣にお住まいの、お一人、あるいはお二人のお客様のご利用の動機を想定しているもので、かつてのとんかつカンティーヌとだいたい同じような「定食スタイル(実質的にはコースっぽかったですが)」のご提供となります。


そして「その時期、その日にたまたま訪れたことを、ちょっとラッキー」と思えるような、より季節を感じていただけるような内容として、以前よりも充実させたものになるはずです。こちらは、3000円前後のお食事とする予定です。


そして、ご予約でのご利用の場合。

こちらは、ちょっと特別な日、ちょっとふんぱつの日、にふさわしい満足感をご提供するための、「コース料理スタイル」となる予定です。こちらの内容は、今の時点では「お楽しみに!」とだけ、お伝えしておくにとどめます。


このコース料理は、6000円〜7000円くらいの価格となる予定です。ただし小学生のお子様に関しては、上の3000円の定食スタイルでのご予約も、承れるようにする予定です。


長いこと見つからなかったパズルの最後のピース探しも、ようやく、最後の段階まで来ています。


(つづく:次回最終話)

閲覧数:130回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「カスハラ問題」について考える① カスハラ問題は、接客・サービス業という「業界」、あるいは一部の非常識な「個人」、という局所的な問題ではなく、日本社会の構造の現われと言える問題なのではないか

ここ最近(1~2カ月)で、「カスハラ」(カスタマーハラスメント)という言葉を聞いた、目にした、という方は、けっこういらっしゃるのではないでしょうか。 普通の社会面でのニュースだけでなく、ビジネスの世界、あるいは行政においても、この「カスハラ問題」に対してどう考えるべきか、どう対処すべきか、という言説が、急激に増えてきたように思います。 とはいえ、この問題は、小売・飲食・宿泊業などの接客・サービス系

「カンティーヌ哲学」の前提にあった「驕り」

どうーーしても、「画像」でアピールしたくない…「映え(ばえ)」で集客したくない… その頑な(かたくな)な私の「カンティーヌ哲学」は、ある種の驕り(おごり)でもありました。 まあ私の場合、いろいろなところに常に、驕りは見え隠れしているのですが。 昨年の7月3日に、InstagramとFacebookに投稿した「とんかつカンティーヌゆめみるこぶたは、なぜ料理写真を投稿しないのか」という「文章」を(SN

2024年、年初の思い 完結編~「とんかつカンティーヌ+」から、一周まわって、再び「とんかつカンティーヌ」へ…

1月15日の投稿、2月1日の投稿と続いた、 2024年の「年初の思い」表明のブログの、第三編、最終話です。ついに。すでに2月も半ばですが。 どうーしても文章というのは、書くのにいちいち気合が必要というか、時間的にも体力的にも精神的にも、文章を書くモードとも言うべき条件をそろえられたときにだけしか書けないという自分の性質がありまして、どれほど「今後はもっとライトに書きます」と宣言しても、なかなか簡単

Comments


bottom of page