とんかつカンティーヌの、これから~ ⑤とんかつ屋を、やるのか?やらないのか?


(つづき)


しかし、です。

デリ業態を終了させることを決心したからといって、


ではそのまま、とんかつ屋再開します、でよいのか。

それは自分の中では、ありえませんでした。


おそらく今とんかつ屋に戻したところで、それですぐにお客様が来てくれるようになる、そして商売として成り立つ、とは、とうてい思えませんでした。直観的に、それは確信していました。


最初のうちは、やっと再開してくれたのね、と来てくださる方は、いるかもしれない。

あるいは、デリ商品をいつも買っていたから、ぜひ店内で食べてみたかったのよ、といらしてくださる方は、いるかもしれない。

もしそうだとしたら、それはとてもありがたいことです。


しかし私には、それがいつまでも安定的に続くとは、どうしても感覚的に思えませんでした。感覚的とはいってもその根拠はいろいろあったのですが、いずれにしても、経験からくる直観は、そんな希望的観測は抱くべきではない、と告げていました。


とんかつ屋というカードは、私の最後の切り札です。拙速にそのカードを不準備なまま切ってしまって、うまくいかなくて、手持ちの札がなくなってしまうことだけは、なんとしても避けなければならないことでした。


社会状況が変わり、人々の意識が変わり、生活スタイルが変わった今、もともと、元のままの形のとんかつカンティーヌに戻すことは考えていない、ということは、過去にお知らせしたとおりです。

(当店HP, 店主ブログ, 2022年5月7日および5月9日の投稿)


経緯として見ればとんかつ屋に「戻す」ですが、


事実上は、今このタイミングで新たにとんかつ屋ビジネスを「開業する」という状況にある限り、


今の社会の形、市民生活の形、求められている形に合わせた店にしなければ、そこにおいて最も付加価値がある店にしなければ、意味がない。


そのことに関して、次回の構想「とんかつカンティーヌ+(プラス)」のコンセプトについて公開することとなったのは、5月にブログに投稿したとおりです。

(店主ブログ, 同上)


その構想は、頭の中では、実は今はけっこうクリアーに出来上がってきているのですが、


それでも、まだ最後に、パズルのピースが足りない。ピースが足りないというよりも、それをすべてはめ込んで、今デリ業態終了のその直後に、リリースすべき状態では、なかったのです。


デリ業態を続けるわけにはいかない。かといって、すぐに「とんかつカンティーヌ+」を始めるわけにもいかない。ならば、どうするか。


私は第三の道について、考えていました。


(つづく)

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

(つづき) この連載の一番最初、①の投稿で、私はサブタイトルをこう付けました。 「 『飲食業界』の話ですが、実際は、『あらゆる市民生活』に関わるかもしれません 」 これはどういう意味だったのか。 タイトルだけ付けておきながら、この件には今まで触れずに話を進めてまいりましたが。 café Kobutaのオープン準備をしていた6月初旬、耳目を引くニュースが飛び込んできました。 「ユニクロが、今秋、フリ

(つづき) 当店HPの「コンセプト」ページには、「こんなときに!ご利用シーン」と題して、こんな方がこんな状況のときに、ぜひご利用ください!ということを、イラストで描いてあります。とんかつカンティーヌ時代のものです。 前回の投稿に書いたような考えがあるので、とんかつカンティーヌ+の内容をもう少し具体的にご案内し始めるときには、これらを少し、描き直すつもりです。 しかしそれでも、かつてのとんかつカンテ

(つづき) そんなわけで、カフェ業態はカフェ業態として、今の期間は、楽しんでいただける方に楽しんでいただけたらいいな、と考えています。 デリ業態になってから多くいらしてくださるようになったファミリー層のお客様にとって利用しづらくなってしまうのは、心苦しく残念ではありましたし、申し訳ない気持ちもありました。 しかしながら、実はそのことに関して、デリ業態が終了した今、改めてお伝えしておかなければならな