とんかつカンティーヌの、これから~ ③カフェ業態に転換した、今まで語っていなかった理由

(つづき)


なぜこのタイミング(6月〜)で、突然カフェを始めようと考えたのか?


このことに唐突さというか、不自然さを感じられた方も、多かったかもしれないと思っています。「いや、カフェは、自分は別に、求めてない、かな…」と。特に、デリ業態になってから新たに多くいらしてくださるようになった、ファミリー層のお客様には。

カンティーヌ時代から当店をご利用だったお客様には、まあ、あの店主だったらやってもおかしくはないかな、と思われたかもしれませんが(笑)。


その意図は過去にご案内したように、


「コロナ禍も落ち着きを見せ始め、とうとう新しく社会が本格的に動き始めていく中で、この抑圧された2年間の『リハビリ』――ちょっと外出したい、少しゆっくりと外食をしたい、となってきた気持ちと、依然としてなんとなく不安が常態化してしまった心理を、実際の行動に慣らしていくためのプロセス――として、気軽に外出・外食できる『場』である、カフェをご利用ください。」


という思いがありました。


意識変容、行動変容があって、その継続の結果さらに意識変容が定着して、生活スタイルそのものの感覚が自宅中心・近隣中心に変わってしまった方も多いと思われる中、やはり日常の中でもちょっと非日常気分になれるような「場」を作りたいな、と思いました。


そして、

「今までおかず買って帰るだけだったけど、店内で座って食事すると、こんな雰囲気なんだ…」

ということを、体感してもらえる機会をまずは提供したい、ということも、同時にありました。


「空間はカフェ、使い方は食堂、体験はレストラン。」


というとんかつカンティーヌのコンセプトは、常に健在なのです。



しかし、です。

実際には。

本当のところを言うと、それは「カフェをやりたいな」という「積極的理由」のほうの説明であって、


それに先立って、「デリ業態を、これ以上続けるわけにはいかない。一刻も早く、デリ業態は終了させなければならない。」と考えるに至らしめた圧力的状況も、「消極的理由」として、あったのです。


(つづく)


閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

(つづき) この連載の一番最初、①の投稿で、私はサブタイトルをこう付けました。 「 『飲食業界』の話ですが、実際は、『あらゆる市民生活』に関わるかもしれません 」 これはどういう意味だったのか。 タイトルだけ付けておきながら、この件には今まで触れずに話を進めてまいりましたが。 café Kobutaのオープン準備をしていた6月初旬、耳目を引くニュースが飛び込んできました。 「ユニクロが、今秋、フリ

(つづき) 当店HPの「コンセプト」ページには、「こんなときに!ご利用シーン」と題して、こんな方がこんな状況のときに、ぜひご利用ください!ということを、イラストで描いてあります。とんかつカンティーヌ時代のものです。 前回の投稿に書いたような考えがあるので、とんかつカンティーヌ+の内容をもう少し具体的にご案内し始めるときには、これらを少し、描き直すつもりです。 しかしそれでも、かつてのとんかつカンテ

(つづき) そんなわけで、カフェ業態はカフェ業態として、今の期間は、楽しんでいただける方に楽しんでいただけたらいいな、と考えています。 デリ業態になってから多くいらしてくださるようになったファミリー層のお客様にとって利用しづらくなってしまうのは、心苦しく残念ではありましたし、申し訳ない気持ちもありました。 しかしながら、実はそのことに関して、デリ業態が終了した今、改めてお伝えしておかなければならな