とんかつカンティーヌの、これから~ ②一人とはいえ「自分の事業のリーダー」としての説明責任

(つづき)


【②一人とはいえ「自分の事業のリーダー」としての説明責任】


ところで…しょっぱなから話が一旦脇にそれますが、「説明責任」という言葉に関して、最初に少し触れておきたいと思います。


この言葉に関連して印象に残っているのが、2021年の東京オリンピックを開催するのか、しないのか、で国中が揺れ、揉めていた、あの頃です。


ワクチンもそろわない中、コロナ感染拡大が大変な状況にあって、緊急事態宣言やらいろいろな行動制限やらが出ている中で、


オリンピックだけは頑として「やる。」「安心、安全な大会運営は、可能。」

政府はただもう、その一点張り。


なぜそこまでしてやるべきなのか、なぜ安全にできると考えるのか、その根拠は、、、

具体的で納得のいくような説明は、ついぞ一切ありませんでした。NHKの国会中継の答弁を私も何度か見ていましたが、どれだけ誰がなんと問い詰めても、質問にまともに応えない。見ていて本当にいらいらしました。


国民の多くが、憤り、幻滅したはずです。「これほどまでに、『説明責任を果たさない』という政府の姿勢が、ありなのか。」と。


実際には、いろいろあったんだろうと思います。一般市井にはわからないような経済的、政治的、立場的、利得利権的な、奥深いやんごとなき事情が。どうしても「キャンセル」にはできないという理由が。


しかしそれがあるならあるで、説明はしてくれ、と。どっちみち納得いかないとしても、せめてそういう立場にある人物として、説明する責任は果たしてくれ、と。


ビジネスの世界ではしばしば使われる「アカウンタビリティ(説明責任)」という言葉を知らなかった人であっても、このときほどその説明責任という「概念」を明瞭、克明に脳裏に生じせしめた事案は、近年かつてなかったのではないでしょうか。


私は思いました。

これは、リーダーの姿ではないと。人の上に立つ者の覚悟ではないと。


私もリーダーではありませんし、人の上に立ってもいませんが、事業をやるということは、自分の事業のリーダーであると、思っています。従業員が一人もいなかったとしても。


だから、ここからは、自分の店に従業員がいるつもりで、従業員にも聞かせるつもりで、そして株主に説明を果たすつもりで、語っていくことになります。


(つづく)


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

(つづき) この連載の一番最初、①の投稿で、私はサブタイトルをこう付けました。 「 『飲食業界』の話ですが、実際は、『あらゆる市民生活』に関わるかもしれません 」 これはどういう意味だったのか。 タイトルだけ付けておきながら、この件には今まで触れずに話を進めてまいりましたが。 café Kobutaのオープン準備をしていた6月初旬、耳目を引くニュースが飛び込んできました。 「ユニクロが、今秋、フリ

(つづき) 当店HPの「コンセプト」ページには、「こんなときに!ご利用シーン」と題して、こんな方がこんな状況のときに、ぜひご利用ください!ということを、イラストで描いてあります。とんかつカンティーヌ時代のものです。 前回の投稿に書いたような考えがあるので、とんかつカンティーヌ+の内容をもう少し具体的にご案内し始めるときには、これらを少し、描き直すつもりです。 しかしそれでも、かつてのとんかつカンテ

(つづき) そんなわけで、カフェ業態はカフェ業態として、今の期間は、楽しんでいただける方に楽しんでいただけたらいいな、と考えています。 デリ業態になってから多くいらしてくださるようになったファミリー層のお客様にとって利用しづらくなってしまうのは、心苦しく残念ではありましたし、申し訳ない気持ちもありました。 しかしながら、実はそのことに関して、デリ業態が終了した今、改めてお伝えしておかなければならな