top of page

とんかつカンティーヌの、これから~ ⑦今、とんかつ屋を「開業する」なんて…できるわけがない!その2

(つづき)



さらに、です。

春にコロナ不安が落ち着き、行動制限がなくなり、社会が動き出し、繁華街や週末の行楽地には完全に人出が戻ってきたように、一見、傍目には見えながらも、


実際のところ、3月以降に急回復が見られたかと思われた飲食業界全体の数字上の業績は、コロナ以前の8割くらいまでにしか回復せず、そのまま足踏みをしていたのです(そしてその状況は、現在(7月末)でも続いています。直近では、感染再拡大によって、また客数が減少に転じているようです)。


私の、個人的な感覚で言うと。


もし自分に家族があったら、とか、もしもう少し自分が若くて一緒に遊びに行けるような相手がいたら、


外出できそうな雰囲気になってきた、旅行も行けそうな空気感になってきた、久しぶりに週末は遊びにいこう!近場で日帰りから一泊くらいの旅行しよう!


とはたぶん思ったでしょうが、


じゃあ夜、行きたかったあのレストランにも行ってみよう!飲み会もやろう!


とは、おそらくならなかっただろうと思ったのです。


飲食業界の回復8割止まり、という現象は、その自分の心理と、かなり合致しているように思えました。


家族や友達と、外出をする。小旅行をする。

そうすると、繁華街、行楽地、観光地は、もちろんにぎわいます。

そして、その地で、じゃあ、お昼を食べよう、おやつを食べよう、という行動には、なります。昼食やおやつタイムの外食です。

でも、まあ、早めに切り上げて、うち帰ってゆっくり休もう。夜まで外食は、まあ、必要ないでしょ。なんかそういうふうに、この2年間で、気分とか考え方が、変わったよね。


こういうことが、ありえそうな気がしていたのです。夜の外食需要は、依然としてしばらくは、回復しきらない。


そういう予想をしていると、経験的に、飲食業界全体で8割までしか回復していない、という数字は、かなりリアリティを映し出しているように感じました。


今までどおりの飲食業のビジネスモデルなんて、そのままでは通用しない。もう、社会は変わってしまっているんだ。きっとアフターコロナ時代にはそうなっていくだろうと、予想していたとおりに。


こんな状況のときに、「そろそろコロナ収まってきたんで、とんかつ屋はじめまーす!」とは、とてもではありませんが、考えるわけにはいきませんでした。


(つづく)


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「カスハラ問題」について考える① カスハラ問題は、接客・サービス業という「業界」、あるいは一部の非常識な「個人」、という局所的な問題ではなく、日本社会の構造の現われと言える問題なのではないか

ここ最近(1~2カ月)で、「カスハラ」(カスタマーハラスメント)という言葉を聞いた、目にした、という方は、けっこういらっしゃるのではないでしょうか。 普通の社会面でのニュースだけでなく、ビジネスの世界、あるいは行政においても、この「カスハラ問題」に対してどう考えるべきか、どう対処すべきか、という言説が、急激に増えてきたように思います。 とはいえ、この問題は、小売・飲食・宿泊業などの接客・サービス系

「カンティーヌ哲学」の前提にあった「驕り」

どうーーしても、「画像」でアピールしたくない…「映え(ばえ)」で集客したくない… その頑な(かたくな)な私の「カンティーヌ哲学」は、ある種の驕り(おごり)でもありました。 まあ私の場合、いろいろなところに常に、驕りは見え隠れしているのですが。 昨年の7月3日に、InstagramとFacebookに投稿した「とんかつカンティーヌゆめみるこぶたは、なぜ料理写真を投稿しないのか」という「文章」を(SN

2024年、年初の思い 完結編~「とんかつカンティーヌ+」から、一周まわって、再び「とんかつカンティーヌ」へ…

1月15日の投稿、2月1日の投稿と続いた、 2024年の「年初の思い」表明のブログの、第三編、最終話です。ついに。すでに2月も半ばですが。 どうーしても文章というのは、書くのにいちいち気合が必要というか、時間的にも体力的にも精神的にも、文章を書くモードとも言うべき条件をそろえられたときにだけしか書けないという自分の性質がありまして、どれほど「今後はもっとライトに書きます」と宣言しても、なかなか簡単

留言


bottom of page