レジ袋

店主はエコバッグをいつもかばんの中に突っ込んでいます

当店ではプラスチック用のレジ袋をご用意しておりません。

ご不便をおかけすることもあるかとは思いましたが、いろいろ考えた結果、廃止とさせていただきました。

理由は、お客様のほぼ100%がごく近隣にお住まいの方であること、
そのほぼ100%に近いお客様が、ご来店の際に必ずマイバッグをお持ちであることでした。

買い物に出るときには、必ずマイバッグを持って出る。
それが当然の当たり前、という社会にしていきたいと考えています。

店の考えでお客様の行動を縛る、あるいは、お客様に行動の要求をする、ということが、上から目線な気もしたので、ためらいはありました。

しかし、それが上から目線に見える、ということ自体が、やはりまだ世間の古い常識の中にあるのではないか、とも思いました。

30年前、飲食店で、お客様に店内喫煙のご遠慮を求めたら、「なにを偉そうなこと言いがやる!」と言われたかもしれません。

40年前、会社の中で女性がお茶くみの仕事を断って、「自分のお茶くらい自分で入れてください」と言ったら、「何様だと思ってやがる!」と言われたかもしれません。

今、そんなことがあったら、どう思われるでしょうか?

お茶くみの話は、飲食店の話ではありませんが、要するに、「世間の常識」とされているものの、話です。

社会は、前に進んでいきます。当たり前の形を、常識の形を、よりよいものに、変えていかねばならないと思っています。「変わっていく」のではなく、意図して、努力して、「変えていく」のです。

プラ製レジ袋を禁止している国や完全廃止しているスーパーは、世界を見渡せばいくらでもあるのです。

プラ製レジ袋は、日本の全プラごみの1%ほどになると聞いたことがあります。1%のプラごみがもしすべて削減されたら、けっこう大きいと思いませんか?100分の1です。

大企業で、売上高が対前年比99%となったら、投資家にはかなりよくない印象を与えるはずです。1%の減少とは、そういうことです。

これは、店主である私の要求では、ありません。地球の要求なのです。そのように考えていただければ幸いです。

世界のために意味あることを、少しでも当然のことにしていきましょう。