健康・健全

健全な精神は健全な肉体に宿り、健全な肉体は健全な食生活から育まれます

日本では昔から、このような言葉があります。

「健全な精神は、健全な肉体に宿る」

伝統的な精神論ともいえるのもしれませんが、店主はけっこうこれを信じています。

我々飲食業の人間…とくに、チェーン店のように大型の店舗で、お客様の顔というよりはお客様の数と売上数値を見ながら仕事をするのではなく、ひとりひとりのお客様と相対する個人店、特に専門職としてレストラン、料理屋で仕事をしてきた者は、よくも悪くも、やはり人間というものを、観察する目を養われるものです。

たとえば高級百貨店でずっと長いこと直接販売の仕事をしてきたような人ならば、おそらく、売り場を歩いているお客を見ただけで、あるいは一言会話を交わしただけで、けっこういろいろなことがわかってしまうのではないかと思います。よくも悪くも。

食の場面というのは、人間を如実に映し出します。食べ手もそうです。また同時に、作り手もそうです。どのような料理——というよりも、どのような「食」を、どのような「食の場面」を、作るかによって、作り手の人間もまた、映し出されるのです。


健全な精神は健全な肉体に宿り、健全な肉体は健全な食生活から育まれます。


私は、自分が考える、健全で豊かな食というものを、提供しようと心を砕きます。

健康・健全