wood_kanban.png

​お知らせ掲示板

kitsune.png
harinezumi.png
itachi.png

2022.5.19

昨年大変ご好評いただきました!

空豆のキッシュが今年も登場しております。

デリ業態の最後に、このキッシュを出すことができてよかったです。

 

空豆のおいしさって、あまりぱっとイメージわかないんじゃないでしょうか?

ぜひこのキッシュでお試しになってみてください。

_____________

2022.5.12

【デリ業態は役目を終了し、一時的に短期間限定カフェ業態として営業します】


さてブログを通じてコロナ前~コロナ禍~コロナ後に至る心境の変化、状況の変化、事業計画の変化、と説明の投稿を続けてまいりました。

今回は、直接の営業情報に関わるお知らせとなりますので、この掲示板上の投稿となります。

 

2年以上続けることとなった当店のデリカテッセン業態は、近日中にコロナ禍での役割を終了することといたします。

​この期間のご愛顧、ご支援、本当の本当に感謝してもしつくすことはできません。苦渋の思いで「飲食業を捨てた」私の考えをご理解くださり、助けてくださった皆様のおかげで、なんとか今まで生き延びることができました。本当にありがとうございました。

 

 

そしてここまでのブログで書いてまいりましたとおり、次なる新しい飲食業態…「とんかつカンティーヌ+(プラス)」が、今夏スタートする予定です。

 

まだ本格始動する前に準備が必要な段階であり、また私も店も飲食業態に2年以上のブランクが空いてしまっているため、その前のクッション期間、その他諸々の必要期間のため、なんと当店今度は「カフェ業態」としてしばらくの間営業いたします。おそらく一ヶ月程度になるのではないかと自分では予想しています。

当店にいらっしゃる多くのお客様が、昨年夏の第5波が治まったあと、感染者数が激減した時期がしばらく続いていた間も、まだ不安な気がするから警戒感や行動様式はほとんど変わっていない、とおっしゃっていたのですが、今回こそはとうとう、もうさすがに普通に外出するように行動も意識もwithコロナ、アフターコロナに適応していこう、という感覚に移行してきているのを、肌で感じています。そして私自身も、マインドがそのように変化しています。

とはいえ、じゃあさっそく遊びにいこう、遠出しよう、夜の外食に行こう、街に繰り出そう、となっているかというと、いきなりそのようにもなっていないように思えます。というより、そういうかつてのままの行動様式に単に戻ることにはなっていない、あるいはなりそうもない、というお声のほうが、今のところは圧倒的に多いようです。基本的には、下丸子近辺で用事を済ませる習慣がついてしまったし、それで特に不都合や不自然を感じることもないので、行動範囲はあまり変わっていない、という方が今はまだほとんどのようです。

私自身もそうです。もう外出できるな、どっか行けるな、行きたいなという気持ちはまあまああるけど、でもじゃあ、改めてどこ行こう?ことさらに何かしたいとか出かけるプランを考えるとかも、なんか感覚が沸かなくなっているみたいな気がするし、ちょっとこれは外出気分になるためのリハビリみたいなのも必要か?みたいな、微妙な状態にいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

というわけで、

「一日1時間の、プチ外出イベント。」

というキャッチコピーで、近所のカフェでお茶する、というだけの外出プランとしてでも、使っていただけたらどうかな、と考えています。

家にいることが割と自然なこととして定着してしまったけど、やっぱりこもっているとストレスにはなる。家事もこの2年間えらい大変だったし。ちょっとの気分転換だけでも、日常のルーティンの中に入れられたら。買い物に行った帰りに、一息でも寄り道できるところがあれば。

そんなふうな場面で、カフェというのは意味があるんじゃないかなと、自分では思っています。実際私も、自宅近くでカフェに入って店員さんと二言三言会話を交わすだけでも、けっこうストレス発散になったりしています。

そんな思いで、短期限定の「こぶたカフェ」がオープンします。営業時間は、11時~19時くらいの予定で、通し営業です。ドリンクとスイーツはメニューとして確定、軽食の提供は予定です。

 

詳細の情報はまた追ってお知らせいたします。

_____________

2022.5.9

【ぜいたくのための「高級店」を目指すことになるのか?】


ブログ更新が続いております。
長くはなりましたが、ようやく、核心にたどり着くことになります…まだイメージレベルでしか伝わらないかもしれませんが、このように構想をしております。

_____________

2022.5.6

【とんかつカンティーヌは、とんかつカンティーヌでなくなってしまうのか?】


ブログに新規投稿です。


長くはなっていますが、まだもう少し、続きます。
私なりに事業主として、大事なことだと思うので、少し時間をかけて、丁寧に説明責任を果たすべきと考えています。

_____________

2022.4.30

【僕はやっぱり、ガストロノミーの世界の料理人(後編)3/3】

ブログ更新です。最後の、後編を投稿しました。​

_____________

2022.4.29

【僕はやっぱり、ガストロノミーの世界の料理人(中編)2/3】

続けて、中編を新規投稿しました。​

_____________

2022.4.28

【僕はやっぱり、ガストロノミーの世界の料理人(前編)1/3】

ブログを更新しました。

若干問題発言を含むかもしれませんが、これから先のことを語るに先駆けて、ずっと歯にもの挟まっていたような言い方はやめて、思いのうちを吐露します。

_____________

2022.4.21

【やっぱりレストランをやりたい。】

ブログに新規投稿です。

今の、正直なところの気持ちと、個人的に予想している、数か月後の日本社会の姿。

こんな未来になっていくんじゃないか、と考えながら、今描いている、新しい店の形があります。

_____________

2022.4.18

今日はお知らせが3つあります!

 

【1. 新商品紹介 「フレッシュトマトのスプレムータ」】

 

実はこれも1ヶ月以上も前から、こっそり販売していた新商品…

「こぶたカフェ」の、ドリンク商品です。

 

スプレムータ??

 

と10人中10人くらいの方は思われるかと思いますが、これは本来はイタリア語の、生搾りフレッシュフルーツジュースのことです。一般的にはオレンジとか、グレープフルーツのジュースのことを指します。

 

イタリア行って、バールに入って、スプレムータと頼むと、バリスタがカウンターに置いてあるオレンジをザクッと半割にして、そのままギューと絞って、そのままグラスに注いでくれて、はいどうぞ、みたいな、衝撃的なフレッシュ感のドリンクです。

 

通常は、トマトのジュースを指して「スプレムータ」とは言いません。

 

しかし今回は!

当店オリジナルドリンクとして作ったフレッシュトマトのジュースがあまりにフレッシュな生搾り感があっておいしかったので、「トマトジュース」という名にしたくありませんでした。一般的なあの「煮詰めて凝縮」系の濃厚トマトジュースとはあまりにも違っていて、それを想起させない名前にしたかったからです。

 

それで、「フレッシュトマトのスプレムータ」!

 

すっきりと、目の覚めるような爽やかさの生トマトジュースになりました。雰囲気としては、当店で夏に提供していたガスパチョをイメージしていただけると近いです。

 

春になって、これから初夏に向けて暖かくなっていくこの季節に、ぴったりな飲み物です。お待ち時間のドリンクというだけではなくて、お持ち帰りになって、朝の目覚めのドリンクとして飲むのもとてもおすすめです!

 

実はこれもともと、自分のまかない用ドリンクとして作っていて、毎朝飲んでいたのですが、「これ、本当においしいんじゃないか?」と気づき、販売することにしました。

 

慣れてきた方には、カスタマイズのオプションもあります!ぜひお尋ねください。


 

【2. ゴールデンウィーク中の営業のお知らせ】

そろそろGWがやってきます…早いものです…

今年はGW中も、営業曜日に変更はありません。月曜、木曜は定休となっております。


 

【3. パンペルデュがよりふっくらに!】

 

「こぶたパンペルデュ」の作り方に少しマイナーチェンジを加えて、よりふっくら感が出ました!ふっくらしてふるんふるんしてもちっとします。

 

それで食べ方も変わりました。今まで「オーブントースターで3-4分焼いて、3-4分放置」とご案内していましたが、今回は電子レンジで温めて召し上がっていただくこととしました。

 

プラスひと手間で、レンジで温めたあとにオーブントースターで2-3分焼くと、表面が少しカリっとして、より本物のパンペルデュの食感になります!

_____________

2022.4.15

連日更新!ブログに新しい投稿です。

今回は一旦風を入れて、趣味の記事です。

 

「マイケル・サンデル『ハーバード白熱教室』新シーズンがスタート!」

おもしろい!新番組です。

_____________

2022.4.13

ブログを更新しました。

 

「なぜ頑な(かたくな)に、飲食業態に戻そうとしないのか?」

私がなぜ今に至っても、飲食業態に戻すことに慎重になり続けているのか?

少し胸の内を明かしてみました。

_____________

2022.4.12

【単品商品フライドポテトの一時販売休止のお知らせ】

 

単品商品として販売している「ザクザクフライドポテト」を、一時販売休止いたします。

サンドイッチ商品類など、このポテトをセットとしている商品には、変更はありません。

 

先日のお知らせのとおり、ポテトはこれからまだ変更が生じる可能性があります。

お気に召してくださっていたお客様には大変心苦しい限りですが、どうかご了承をよろしくお願いいたします。

_____________

2022.4.9

【ローストビーフもピンチ!の巻】

 

牛肉も激しく値上がり中です…これはまだおそらくコロナの影響によるものだと思われるのですが…

 

マグレ鴨がヨーロッパから入ってこなくなって久しく、マグレ好きだったお客様には残念なこの2-3ヶ月ですが、「おつまみお肉盛り合わせ」と「ぜいたくサンドBOX」のマグレ分の代替として倍量つけていたローストビーフ…これにも危機が忍び寄ってきました。

 

そういうわけで申し訳ないのですが、少し商品内容を変更させていただくことといたしました。

 

「おつまみお肉盛り合わせ」

内容4種:ローストビーフ・マグレ鴨スライス・生ハム・自家製サラダチキン 750円

を、

内容3種:ローストビーフ・生ハム・自家製サラダチキン 550円

とさせていただきます。

 

また、

 

「ぜいたくサンドBOX」 肉サンドのほうの具

3種:ローストビーフ・生ハム・マグレ鴨

を、

3種:ローストビーフ・生ハム・自家製サラダチキン

とさせていただきます。

 

不本意ではあるのですが、まだ商品内容の変更のお知らせはこれにとどまらない可能性があります…

 

ブログのほうでも書きましたとおり、これからまだ何がどうなっていくか予断を許さない状況です。どのような形を取るにしても、店の方向性については、なるべく早めに小出しにお知らせを続けて参ります。

_____________

2022.4.5

ブログを更新しました。今営業しているデリ業態は、今後どうなるのか…現時点で考えていることです。

_____________

2022.4.4

【フライドポテトが危機!の巻】

 

ポテトが入らなくなりました。

 

当店の隠れた人気商品「ざくざくフライドポテト」も、いろいろ事情が重なり、とうとう入荷しなくなりました。

 

長期欠品、というわけでもないのですが(と希望を持っていますが)、とにかく日本への到着がこれから読めない、ということです。数日内に、現状のポテトは一旦在庫終了となると思われます。

 

多少冷めてもおいしいあのザクザク感が人気だったので、代わりのザクザクっぽいものをなんとか用意する予定ですが、もしかしたら味は現状のものに劣るかもしれません…あれはけっこう選りに選ったものだったので。まだいろいろ試しているところです。

 

しかも、現状のポテトがまた再入荷したとしても、それもけっこうな値上がりとなりそうです…

心苦しくはありますが、ポテトに関しては、今後価格改定の可能性があります。ほかの商品はまだしばらく価格改定は考えていないのですが、ポテトに関しては少し影響が大きそうなので、事前お知らせとさせていただきます。

 

ウクライナ情勢を受けて、少しずつ流通上の事情の情報が入ってきております。問題なのは未だに「少しずつ」しか入ってきていない、ということです。影響範囲が大きすぎて、商社や物流企業など、必死に影響範囲を計算している最中、らしいです。

 

この関連情報につきましても、当店としての情報発信、情報共有という意味で、今後ブログ上で公開してゆく予定です。ご参考になればと思います。

 

当店の営業に直接関わる情報に関しては、「お知らせ掲示板」およびSNS上でお知らせいたします。

_____________

2022.3.28

一ヶ月くらい前から、こっそり登場していた新しいスイーツ商品のお知らせです。

”こぶたパンペルデュ”!

フレンチトーストです。本物の。
本物のフレンチトーストって、あまり知られていないんですよね。「商品一覧」ページに、写真をアップしました。

普通のオーブントースターで、3~4分くらい焼き、焼いたのと同じ時間、放置します。すると表面がカリっとなって、中心部はほどよく温まります。

このままでもおいしいですが、バニラアイスやバナナやいちごなど、お好きなトッピングを添えると、けっこうゴキゲンになります。

食後のデザートにも、休日の朝食にも!いろいろ遊んでみてください。

_____________

2022.3.24

とんかつカンティーヌのプラットフォームとなるHP、「カンティーヌランド」が公開されたのが2月26日。ロシアのウクライナ侵攻開始とほぼ同じタイミングでした。

 

それ以来、見ること考えることは、ずっとそればかり…それは世界を巻き込む戦争の危機や世界史の重大な転換点という意味だけではなく、もっと身近な経済的関心…つまり、自分の事業が、我々の生活が今後どうなるのか?という意味でも、もちろんありました。

 

いろいろとモヤモヤが続くばかりで、せっかくいろいろやりたいことを詰め込んでいくための世界を作ったのに、それを発展させる活動を停滞させていました。

 

しかし今ここで、少しだけ、モヤモヤが薄れるような気分になってきたので、この期を逃さないよう、ランド発展の活動を再開します。

 

実は一ヶ月以上も前からこっそり販売開始していた新商品を、明日以降、ようやくアナウンスしていきます。

 

ただ実は、公開から今までの間、カンティーヌランドが何も動いていなかったのかというと、そういうわけでもなく、ささやかに小さな動きだけは、何度もありました。そういう小刻みで小回りの効く「動き」を体現することも目的として、ランドを作ったのです。

 

カンティーヌランドには住人たち(主に動物たち。でも動物以外も隠れています)がいて、いつもなにかをつぶやいていますが、このつぶやきはかなりの頻度で変わっています。

 

それらは営業上のお知らせではなく、特に大きな意味があるものではありません。でも見ていると、興味がある人にとってはたまに面白いとか、なんとなくたまにちょっとしたへぇ〜という情報であったりもします。要するに、twitterのような「つぶやき」なのです。

 

私の見立てでは、当店のお客様の中でtwitterをヘビーユーズしている方はほとんどいらっしゃらないように思われるのですが、twitterのように、始めてしまったら次から次へとガンガン押し寄せてくる「つぶやき」という名の圧力ではなく、自発的にランドを訪れてくれた人だけが、そのときだけ自分の意思で、見たいぶんだけのつぶやきを見る、という程度の位置づけです。

 

訪れていないときにつぶやかれた言葉は、次のつぶやきによって上書きされてしまえばもう失われてしまいますが、もともとがSNS的つぶやきというものはただ流れていくだけで留まる必要のないもの、と考えれば同じことだと思って、このようにプレッシャーがない形の「カンティーヌランド的つぶやき」を作りました。

 

フクロウもつぶやいていますが、いずれはこれをもっと「双方向」型のコミュニケーションの場として発展させていけたらな、と考えています。(このフクロウのつぶやき、気づかれた方はいらしたでしょうか。。。)

 

ちなみにランドを頻繁に訪れると、ブラウザが前のキャッシュを読み込んでしまうので、更新されたつぶやきが表示されません。毎回お手数にはなりますが、「再読み込み」をしていただくことで、最新版のつぶやきを見ることができます。

_____________

2022.3.17

いくら世界戦争の危険、核戦争の危険が迫っている可能性があるとしても、そのことに気を病んでばかりもいられません。

心は痛むし、気は晴れない、それで毎日なんとなく体調は悪い…それでもそれとは別に、自分は、自分にできることをやる。

そんなわけなので、気を取り直して、今年もお花見弁当を販売いたします。タイミングもはやギリギリですが。

HP内に特設ページを開設いたしましたので、どうぞご覧ください。

 

内容、価格は、基本的には昨年とほぼ同様です。「マグレ鴨」だけ、現在長期欠品中でして、その分おそらくローストビーフの分量が増えると思われます。

ご注文は基本的には2名様分からとなり、偶数単位でお請けします。奇数個をご希望の場合は、カツ商品を1種類だけ選んでいただくこととなります。詳しくは特設ページをご覧ください。

事前ご予約制です。ご予約に際して必要な情報は2つあり、①ご注文個数、②お受取日、をお知らせいただく必要がありますが、②に関しては、①と同時でなくてもかまいません。先に①だけ承っておき、②はご予定が確定してからでもけっこうです。

ただし、準備のために、②のお知らせは、お受取日より1週間程度以上の余裕を持ってお知らせください。

 

いずれにつきましても詳細に関しては、どうぞ特設ページをご覧ください。

_____________

2022.3.8

相変わらずウクライナ情勢のニュースにかじりつきで、不安ばかりの毎日です。そしてこれから数年の間に、世界の秩序は「そうとう」不安定になると予想しています。軍事均衡的にはもちろん、経済的にも。

もちろん私は専門家でもなんでもないので、地政学について語ることはできませんが、食に関わる分野ですでに影響が出始めてきていることがあるので、ここで少し共有いたします。

 

これはブログではなく、あくまで店からのお知らせという情報です。

 

まず、早くも海外からの食材が入らなくなってきています。当店の商品に使っている食材もすでに部分的にストップしました。卸業者も緊急で切り替えを試みています。これから一気に影響の拡大が加速する恐れがあります。もちろん社会全体で(あるいは世界全体で)、です。

 

また、これからの原油価格の高騰。コロナで原油の需給が崩れて急落、その後急騰となり、その影響を受けて社会の様々なものが高騰しました。材料、製造、物流すべてにおいて石油が関わっていたためです。

一般消費者に影響が明らかに出始めるのはこの3月以降くらいからではないかと予想していましたが、飲食業界では昨年前半からすでに急激かつ広範でしかも大幅な食材値上げが断続的に起こっていました。そのときの肌感覚からすると、コロナに輪をかけての今回の戦争危機で、これから影響はさらに急速に拡大する恐れがあると個人的には感じています。

 

そういうわけで、当店の商品も状況によって流動的に変動させていく可能性があります。欠品や販売の一時停止、あとこのデリ業態でいる間にはやりたくはなかったのですが価格の改定。いずれも可能性があります。

 

しかし当然のことながら今回の危機は、経済的、実利的に、日本に住んでいる自分たちに影響があるかどうかという損得勘定の問題ではありません。これは長い間世界が築き上げてきた秩序と法と道徳が、暴力によって破壊され踏みにじられているという事態です。さらにいうと、核の使用まで含んだ、世界規模での戦争への発展の可能性。ウクライナの問題がなんとか収まればそれで一件落着とは、決してならないはずです。

 

そんなわけで毎日不安で気が晴れず、体調もすぐれない今日このごろです。実は新商品がいくつか出ているのですが、それを「新商品!」とご案内するテンションにもなれず、いまだアナウンスしておりません。

 

また、この時期にはご予約制のお花見弁当を例年販売しておりまして、それもやるつもりではいるのですが、いかんせんこのマインドの状態で、ご案内が遅れております。
まだ桜が咲くには少し時間があるので、なんとか気持ちを持ち直させてから、アナウンスいたします。

_____________

2022.3.5

ウクライナ情勢と、プーチンという人間の異常さが、四六時中頭を離れません。あまりに恐ろしすぎる展開になっています。本当に、終わりの始まりなのかもしれないと、現時点では思っています。とても大きな精神ストレスになっています。

少しでも想いを寄せ、ちょっとでも関心のきっかけを作るため、と思い、店内こぶたライブラリーに、新しい本を置きました。

 

「てぶくろ」という題名の、ウクライナ民話の絵本です。小さな動物の思い付きから始まる、とてもかわいくて、平和な、そしてちょっと不可思議なファンタジーです。

どうして子どものときには、こんな平和な絵本だけしか周りには世界がないのに、大人になると、こんなに恐ろしい世界が広がってしまうのでしょう。

​カンティーヌランドの「図書館」をどうぞご覧ください。

_____________

2022.2.26

とんかつカンティーヌの「プラットフォーム化」。

 

今年の年初から何度かにわたって、このお知らせの中で言及してきた言葉です。

それを、ようやく公開できました。

 

一昨日の24日(木)にはすでに公開できる寸前まで来ていたものの、ロシアのウクライナ侵攻が勃発し、作業を中断して、それからずっとニュースにかじりついていました。今も心の中でずっと気がかりとモヤモヤした不安というか恐怖が続いています。とんでもないことが起こってしまいました。それに、これはまだまだ始まりのような気がします。これから数年かけて起こっていくであろう、これまでの世界秩序の崩壊と混沌の、始まりのような気が。

 

ということを書き続ける専門性も必然性も私には全くないので、ここでは当然これ以上は語りません。

 

しかしながら、奇しくも、このタイミングでとんかつカンティーヌのプラットフォームを作り、公開することとなったことは、何か意味があるのかもしれません…いえ、あるわけは本来ないのですが、全く偶然に過ぎないのですが、それでも、何かしら、自分としては、そこに意味を見出していきたいとも、思うのです。

 

なぜなら、それこそが、とんかつカンティーヌゆめみるこぶたのプラットフォーム…「カンティーヌランド」が生まれた、意味でもあるからです。

 

ここではもはやこれ以上、長く持論を講じるようなことは、しないこととします。今まではこのお知らせ掲示板上でかなり長い文章を書いてまいりましたが、このカンティーヌランドの公開とブログの開設をもって、掲示板のその役割は終え、今後は本来のお知らせ通知の場に戻ります。

 

カンティーヌランドとは何なのか。何を理由として生まれ、何を目指しているのか。

 

もしご興味を持ってくださったら、このカンティーヌランドの中を、自由に散策していただけるとうれしいです。

 

そしてそこから、サイバースペースの中で、同時にリアル世界の中で、お客様、あるいはお客様以外の誰かと、つながりを拡げていけるような「プラットフォーム」の形が、生まれてくれば…そしてそれを、とんかつカンティーヌ独自のSNS(ソーシャルネットワーキング「サイト」)として、育てていくことができれば。

 

食を通じて、社会を豊かにする。今の自分のリソースでできる範囲での、新たな一歩の、始まりです。

_____________

≪これ以前のお知らせ掲示板≫

図書館に収蔵されているバックナンバーへ!