top of page
とんかつカンティーヌ⁺
ゆめみるこぶた

とんかつの店であって、

しかもなお、

「とんかつ屋」

じゃない。

ゆめみるこぶたスケッチアート_edited.png

今日はちょっと

レストラン気分に、

​とんかつ。

たっぷりの野菜 と一緒に、適量のとんかつ を。

 

とんかつ屋と言えばガッツリ、男性の食事処というイメージ。

でも、そういう「ザ・とんかつ屋」は、ちょっと苦手…

という方は、世代性別に関係なく、きっといるはず、と思っています。

 

肉の量は控えめ、色とりどりの野菜がたっぷり、心地よい空間と時間も、

ゆったりと楽しみたい…そんな全く新しいスタイルのとんかつ店の形態が、

「とんかつカンティーヌ」です。

パンデミック、戦争、その他様々な世界の危機による影響を経て変容した、

我々の社会意識、日常生活のサイクル、金銭感覚、人生の価値観…

 

今、わざわざ外食をすることの意味(価値)とは、なんなのか?

 

キャッチフレーズは…

「空間はカフェ、レストラン未満な、食堂以上。」

 

日常の中に、ちょっとだけ上質な非日常を、お届けいたします。

ほしいのは、胃もたれするような

「量」じゃない。

「厚み」と、「旨み」。

食後に胃もたれするような料理は、作りたくない…!皆が皆、250gも300gもの「重量」をアピールするとんかつを望んでいるわけでは、ないはずだ…!

とんかつカンティーヌのとんかつは、とても不思議な形をしています。それは、「分厚い肉にかぶりついているという噛み応え、食べ応えを最大に感じてもらいつつ、且つ、身体に負担にならないボリュームとカロリー」を実現するために考え出された、完全オリジナルな、当店独自のものです。そしてこの形状、この厚みでありながら、完璧な火通しを実現するために、フレンチの火入れの技術が、最大限に発揮されています。

「千切りキャベツ」という画一性、

もう、やめにしたい。

めいっぱいの、野菜。

とんかつを、千切りキャベツとではなく、色とりどりのたっぷりの野菜を付け合わせに食べる…そんな食べ方を、想像したことがありますか?

とんかつカンティーヌでは、とんかつを、「普通のとんかつの作り方」で、作っていません。下処理の時点から、フレンチの技術を駆使して「フランス料理における、『メインディッシュの肉料理』」を作るつもりで、作っています。

それを最初に考案したとき、「付け合わせに千切りキャベツ」の考えは、毛頭からありませんでした。フランス料理のメインディッシュに添えられる、フレンチならではの技術で仕立て上げた、たっぷりの生野菜、焼き野菜と一緒に、この肉料理を食べてもらおう…!

​とんかつという料理が、これほどまでに体に良さそうな料理になるんだということを、ぜひ、体感してみてください。

カツサンド.jpg

いわゆる

こんなカツサンド、見たことない⁉「とんかつソース」の味ではない、野菜たっぷりの、全く新しいカツサンド!

IMG_20230915_165645_copy_1228x1638.jpg

​「とんかつ屋」では

しっとり柔らかい自家製サラダチキンの、満足度たっぷりなボリュームサラダ!

リサイズ済み写真 - 1.jpg

ないのです。

複雑で食欲そそるスパイス香に、びっくりするようなしっとり感、ジューシー感、クリスピー感!やみつきのフライドチキン!

「とんかつ」は、とんかつカンティーヌの、ほんの一部。

旬の素材が躍動する、
季節を彩る逸品の数々。

提供したいのは「とんかつ」ではなく、「体験」です。

より美しく、より楽しい、
お食事の空間と時間。