top of page

とんかつカンティーヌの、これから~ ⑧社会の移行期、その過渡期。急いては、ことをし損じる。

(つづき)



前述したように、「とんかつカンティーヌ+」の構想は、だいぶ長い時間をかけて、練ってきていました。


しかし端的に言って、今はまだ「過渡期すぎる段階」でした。


アフターコロナ時代の、始まり。しかし市民生活においてはまだまだその、模索状態。そこへ来ての、まさかのこんな「構造的な物価上昇」の進行。


まだまだ(日本では)、一般市民、一般消費者には、そのインパクトが伝わっていない段階でした。ちょっとずつ、ものによっては、値上げがちらほら見られるねー、と、だいたいそんな感じの認識だったと思います。4月、5月くらいの時点では。


そこで財布の紐を締めよう、という行動には、多くの方はまだ、ほとんどつながっていなかったのではないかと思います。

コロナ渦中はあれだけ何もできなかったんだから、そろそろ何かにお金使いたいよね、という、「リベンジ消費」の心理も高まっていたタイミングだったのだと思います。


しかし私には、ほとんど確信がありました。このインパクト(ことの重大性)は、これから半年かそれ以上くらいの時間の中で、徐々に大きくなっていくだろうと。


この先の物価上昇が、目に見えている。しかし忍び寄るその影は、まだほとんど気づかれていない。消費者の価格感覚、コストパフォーマンス感覚は、まだ変化するには至っていなかったのです。この状況で、今新たに店を「開業」し、商品・サービス(料理)内容を決めて、価格を固定してしまう。そのことのリスクは、私にとっては、あまりにも大きすぎました。


構想していた新たな「とんかつカンティーヌ+」は、「消費者の価格感覚、コストパフォーマンス感覚、そして生活そのものの価値感覚が変化した先の、近い未来」のことを想定していた、店の形です。拙速に今の時点でその姿を現してしまっても、単純に「価格だけ」を「数字として」見たら、うわっ、この店、前に比べて高くなった!と思われるだけで、逆に印象を悪くするだろうという予想もありました。


かといって、今の時点のままの感覚(デフレで当然のこの20年間の金銭感覚)で納得を得られるような価格設定でスタートしても、半年後か一年後には早くも、採算が合わなくなって、「こんなはずじゃなかった…!」と頭を抱えることになる可能性のほうが、高いように思われました。


しかし…


それと同時に、実は、


「もし、今、自分が予想しているとおりに、この先、社会情勢が厳しくなっていくとしたら、その先にはもしかしたら、逆に勝機があるのかもしれない。」


という冷静な感覚も、私の中にはあったのです。


(つづく)


閲覧数:31回0件のコメント

関連記事

すべて表示

「カスハラ問題」について考える② 社会の構造的問題として本当に考えるべきなのは、ニュースになるレベルの「カスハラ」客ではなく、それ未満の「迷惑」客である、という考え方

(続き) 前回の投稿「カスハラ問題を考える①」では、以下の論点を立ち上げました。 1)「カスハラ問題」の頻発とその悪影響のインパクトが、ここ最近で急激に、社会的に認知されるようになってきている 2)しかし「カスハラ」という言葉じたいが、現段階ではあいまいで、明らかに実害を伴う問題としての「カスハラ行為」「カスハラ人物」と、それ未満の「迷惑行為」「迷惑人物」との間にあるグラデーションまでをも含めて語

「カスハラ問題」について考える① カスハラ問題は、接客・サービス業という「業界」、あるいは一部の非常識な「個人」、という局所的な問題ではなく、日本社会の構造の現われと言える問題なのではないか

ここ最近(1~2カ月)で、「カスハラ」(カスタマーハラスメント)という言葉を聞いた、目にした、という方は、けっこういらっしゃるのではないでしょうか。 普通の社会面でのニュースだけでなく、ビジネスの世界、あるいは行政においても、この「カスハラ問題」に対してどう考えるべきか、どう対処すべきか、という言説が、急激に増えてきたように思います。 とはいえ、この問題は、小売・飲食・宿泊業などの接客・サービス系

「カンティーヌ哲学」の前提にあった「驕り」

どうーーしても、「画像」でアピールしたくない…「映え(ばえ)」で集客したくない… その頑な(かたくな)な私の「カンティーヌ哲学」は、ある種の驕り(おごり)でもありました。 まあ私の場合、いろいろなところに常に、驕りは見え隠れしているのですが。 昨年の7月3日に、InstagramとFacebookに投稿した「とんかつカンティーヌゆめみるこぶたは、なぜ料理写真を投稿しないのか」という「文章」を(SN

Comments


bottom of page