お酒なしでも、問題なし

お酒を飲まない人の味方になれる店

『呑み』の場ではない、豊かな『食事』の場を。

店主はあまりお酒を飲みません。飲まないというか、時には飲むんですが、「呑み」という飲み方をしません。

昔から、ずっと思っていたことがあったのです。

「『呑み好き』な人にとって楽しい、うれしい飲食店はいくらでもあるのに、なぜ『呑み好きでない』人にとってうれしい店は、ほとんどないのだろうか?」

その理由は、飲食業界の中での経験を積むにつれ、わかるようになってきました。

私が今ここで言っている『呑み』とか『呑み好き』とは何を指しているのか?
単に「お酒が好き」という意味ではありません。

私は、安っぽくて騒がしい飲み屋や居酒屋が好きではありません。酔っぱらって大声を出したりバカ笑いしたり騒いだり近隣住民に迷惑をかけたり、という行為や空間が、好きではないのです。

「おいしいお酒が好き」「お酒をおいしく飲むのが好き」は、全然けっこうなことだと思います。好きなものなのだから、よりよいものをよりおいしく、が好きなのは、ごく自然なことです。
しかし「『呑み』がとにかく好き」。このふたつの間には、けっこう違いがあるのです。

では、騒がしくない、静かにおいしいお酒を飲めるお店ならば、よいのか?

それも、ここで私が言っていることとは、違います。

そもそも、飲食店は、「お酒が飲めない」という人、「お酒は好きではないから、いらない」という人のことを、お客として、どう考えているのか?という問題なのです。


お酒を飲めない人、お酒は特に好きでもないという人と会話していると、だいたい次のような同じ話題になります。「飲めないあるある」です。

「夜、何か食べたいと思って飲食店に入っても、『お酒頼まなくちゃいけないのかな…』と、肩身が狭い」
「それを考えると、気が引けて、結局入店することをやめる」
「それを別としても、そもそも、夕ご飯ではなくて、お酒のための料理やつまみを出すお店しか、ない」

そうすると、どうするか。チェーンのファーストフードやファミレス、ラーメンなど、そんな感じの夕食になります。

みんなでワイワイ、楽しく飲んで食べて、ということを喧伝する飲食業界、飲食関連メディアからは、「飲めない人」「飲まない人」は、無言のうちに、締め出されてしまっている。これが、私の問題意識でした。

でもそういう「締め出されてしまっている」側に生きている人たちは、「声を上げる」ということはしないことが多い。つまりサイレントマジョリティです。統計的に見ると、実はマジョリティなのです。

グルメ関連メディアは、雑誌でもネット上でもSNS上でも、常に最新のグルメの流行、話題の店についてあふれるほどの情報を提供してくれています。しかしそれらも多くは、殊にディナーに関しては、「飲んで、食べて」を楽しめる人に対して向けられているものなのです。

これでは、社会の「食」は豊かにならない。

とんかつカンティーヌは、呑みの場ではありません。
豊かな食事の体験を提供することを、目指している場です。

「豊かな食事の体験」とは何か?
それを探求し続けていくことが、とんかつカンティーヌの使命です。

お酒なしでも、問題なし