カンティーヌCantine

コンセプト に戻る

食堂

 カンティーヌという聞きなれない言葉は、フランス語で「食堂」を意味します。

 実は店主はフランス料理の世界で料理人として修業してきたのですが、自分でお店を出すときには、「フレンチレストラン」ではなく、「食堂」として利用してもらえるようなお店をやりたいなあ・・・とずっと考えていました。

カフェ

 そしてまた、「カフェ」という空間が好きでした。自分だけの時間を過ごせる、居心地のよい空間、ゆったりした音楽・・・そんなほっとリラックスできるようなお店にしたいなあ、と思っていました。

飲み物

 店主はあまりお酒を飲みません・・・というより、いわゆる「飲み」の場がちょっと苦手です。世の中、「飲み好き」な人にとってはきっと楽しいんであろうお店はいっぱいあるのに、飲み好きでない人、お酒を飲めない人、あるいは「今日はお酒は要らない」という人にとってうれしい「食事のお店」はほとんどないなあ・・・と思っていました。

とんかつ

 とんかつという料理が好きでした。様々な種類の飲食業においては、仕込んでおいたもの、既製品のものを、注文に応じて温めなおして、調理工程は「最後の仕上げ」だけで提供、とせざるをえない事情がままあることは、致し方ありません。

 それでもとんかつだけは、必ず、「注文が入ってから揚げて、できたての状態で出てくることが確か」である料理として、料理人の私は注目していました。このライブ感、臨場感があるから、とんかつ屋はいい。それに、副菜のキャベツもある。椀物もあって、漬物もついてくる。まさに日本の献立として完成されている、この満足感。

とんかつカンティーヌ

 それならば、カフェのようなかわいくて居心地のよい空間で、「飲み」の空気に取り巻かれることなく、自分だけの食堂のような感覚で、でもたまのちょっぴりぜいたくなごちそうのお食事処として利用できる、とんかつ屋をやろう!と考えました。

 でも「とんかつ食堂」?「とんかつカフェ」?どれもしっくりこない・・・すでに存在している「食堂」や「カフェ」という言葉のイメージには、何か自分のコンセプトは合わない。となれば・・・新しい業態名を作ってしまおう!というわけで生まれたのが、「とんかつカンティーヌ」です。

 実は本来のフランス語の「カンティーヌcantine」は、学生食堂や社員食堂などのような「カフェテリア」のことで、あまり外食をする飲食店というニュアンスではないのですが・・・日本社会の中で新しく、「プチごちそうなお食事体験を提案する食堂業態」という意味として捉えてもらえるようになったらうれしいです。

コンセプト に戻る

店舗基本情報

住所:

146-0092

東京都大田区下丸子3-16-9

​エルデ多摩川 1階左

交通​:

​東急多摩川線 下丸子駅より徒歩3分

f_logo_RGB-Blue_58.png

​その他:

  • カウンターのみの6席です

  • 店内・店外ともに禁煙です

  • ​お会計は現金のみです

  • お席の回転時間は50~90分程度を目安にお考えください

営業時間

ランチ 11:30~14:30

(L.O.13:30)

ディナー 18:00~21:30

​(L.O.20:30)

定休日:木曜日

お問合せ

※ランチタイムのご予約を承っております。

​※ディナーにおいてはお一人様3500円以上のご予算(お食事お飲物込み・税抜)でお食事をお考えのお客様には、ご相談ベースでお料理内容のカスタマイズとご予約を承ることができます。

ご予約方法に関する情報は

「お席/ご予約に関する情報」のページをご覧ください。

© 2019 created by tonkatsucantine